社会に貢献できる最適・最強のコーティング商品を提供します。

TEL093-474-0033
mail : info@armadi-l.com

ポリウレア樹脂の特徴

ポリウレアとは


“柔らかいステンレス”と表現されるポリウレアは、米国やドイツの業界技術者に、“100年コーティング”といわしめる「強化防護層を形成する塗装材」です。

1980年代にプラスチック成型材として開発され、1990年代に各種用途に発展が進んだ比較的新しい樹脂です。特に、米軍採用基準をクリアするためにその技術をさらに進化させた“米国製ポリウレア”は、現時点において、技術的に最強と言えるでしょう。

米国・EU圏においては、軍の利用もさることながら、日本よりも数十年早く“モノを維持(リハビリ)する時代”に入ったため、このような「強靭化・長寿命化に最適な素材」の技術開発が加速したのではないかと考えられます。


ポリウレア樹脂は、ポリイソシアネート化合物(A液)と、活性水素を持つアミン化合物(B液)をスプレーガンで衝突混合させ化学反応で形成します。


ポリウレア樹脂最大の特徴は「超速硬化」「強靭な物性」「無溶剤・無触媒」であり、2~10mm程度の厚みでスプレー塗布する事により、ほぼ全ての物に対して、耐震・強靭化を図り、長寿命化する保護性能を有しています。また、ポリウレア樹脂をコーティングした基材には「防護力・耐久性・耐衝撃性・免震性・復元性・耐薬品性・防水性・防錆性など」の性能が付加されます。